• ***
  • ***
  • 当プロジェクト起業チームは、光の適切な制御による農作物への効果を研究し、その技術開発を行う、国立大学法人 山口大学農学部 環境情報学研究室(教授:山本晴彦)を中心とする研究グループの研究成果を活用し、その成果を社会に役立てる橋渡し役として「山口大学発ベンチャー」を起業致します。
    【ピックアップ】 光害(イネ事例)→「2011年度版」、 植物工場(主に人材育成)→「開講記録など」
  • 山口大学発ベンチャー企業設立についてのご案内~「お問い合わせ先」はコチラ

    ~JSTページでの御案内  ~山口大学での御案内
    ~アグリライト研究所のHPへ : 2012年~の光害事例も御座います。

  • 本ページの更新は、【平成24年3月31日】をもって終了させて頂きます。
    今後は、上記「設立企業のホームページ」にて、大学研究員としての内容「も」含めて御報告できればと存じます。1年5ヶ月間での運用(本文構成、更新情報)と、100件のブログにお付き合い頂きまして、有難う御座いました。
    今後も、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ(出来事)最新の記事

2012.03.30
【新会社誕生4】~事業場所の決定
このシリーズ、前回1月2日でしたか??? 随分と空いてしまい...
2012.03.19
研究成果最終報告会でのプレゼン(学内イベント)
平成24年3月14日(水)常盤キャンパスにて、 「平成23年...
2012.03.05
LED Next stage(東京ビッグサイト)
LED Next Stage(LED照明の展示会:東京ビッグ...
2012.02.07
【メディア掲載】山口大学発ベンチャー企業設立について(JST)
JST(科学技術振興機構)のWeb上に、 「 株式会社アグリ...
2012.02.03
無題雑感1月
1月も早々と過ぎてしまい、2月3日ですが、1月の出来事のダイ...
2012.01.27
ビジネスマッチング交流会(広島)
年明けから相変わらずのバタバタで、時間があっという間の毎日で...
2012.01.02
【新会社誕生3】~設立の手続き
元旦(昨日)はお休みして、今日(2日)からは、早々と執筆活動...
2012.01.01
2012年スタート(1月1日)
謹んで新年のお慶びを申し上げます。 新しい1年がスタートしま...
2011.12.31
【新会社誕生2】~起業時期とは?
年末年始連載の本題2回目です(昨日の続きです)。  ...
2011.12.30
【新会社誕生1】~本当に立ち上げるの?
年末年始連載の本題スタートです(昨日の続きです)。 ...
2011.12.29
【新会社誕生0】~連載の「前置き」だけ
連載を始めます・・・と示したものの、テーマが難しい。。。 ・...
2011.12.28
無題雑感12月
大学は「仕事納め」のようですが、私自身の年末年始休みは???...
2011.12.19
最新配布資料をアップしました(2011年版)
相変わらずバタバタしておりまして、ブログ停滞で失礼しておりま...
2011.12.02
アグロイノベーション2011≪3日目≫~最終日
3日目を迎え最終日となりました。アグロイノベーション2011...
2011.12.01
アグロイノベーション2011≪2日目≫~なかび
会期2日目が終了しました。アグロイノベーション2011です。...

体制

教  授
山本 晴彦(山口大学 農学部)
学 術 研 究 員
園山 芳充(山口大学 農学部 / 本HP内容+ブログ担当)
学 術 研 究 員
岩谷  潔 (山口大学 農学部)


他、山口大学内・関係諸機関担当の方により構成しております。

連絡先については、【こちら】をご参照願います。

 

2011年(平成23年)12月19日(月)、

「株式会社 アグリライト研究所」 を設立しました。

代 表 取 締 役
園山 芳充
取締役 技術研究担当
岩谷  潔
研 究 顧 問
山本 晴彦(山口大学 農学部 教授)                               ~ 分析受託、光害コンサルタント等「アグリライト研究所」事業における、
研究手法・分析手法、報告書のデータ監修をお願いしております。


 

 

支援(光害関連)

山本晴彦研究室では、
光害現状調査(2004年~)、光害対策研究(2007年~)、光害対策技術開発(2008年~)を経て、
現在は、社会実証のステップにおいて、下記支援を頂戴し進めております。

【現在の主な支援】


独立行政法人 科学技術振興機構 平成22年度新規実装支援

社会技術研究開発事業
研究開発成果実装支援プログラム
「農作物の光害を防止できる通学路照明の社会実装」
に採択され、進めております。

http://www.yamaguchi-u.ac.jp/page.php/index/page/id/1027
http://www.ristex.jp/implementation/new/index.html

 

【側面支援機関】

財団法人 やまぐち産業振興財団
大学発ベンチャー創出推進フォロー事業
やまぐちビジネスプラン評価プロジェクト応募~A評価≪平成23年10月認定≫

 

【過去の主な御支援】

◆(~平成23年3月末にて事業終了)
独立行政法人 科学技術振興機構 平成20年度新規採択課題

独創的シーズ展開事業
大学発ベンチャー創出推進
「短日性農作物の光害を回避するLED屋外照明装置の開発」
http://www.yamaguchi-u.ac.jp/index/page/id/516

 

支援(植物工場関連)

植物工場関連については、コチラに記載しております。

 

 

光害影響の認識度アップに向け啓発資料や講演などにより「情報提供」を進め、

「光害診断システム」での光害要因の定量化診断から、

「光害阻止LED照明」を含めた照明計画提案にて、

夜間照明照射に影響しない安定した農作物生産と、安全安心社会の道路光環境形成を目指します。

尚、本項は、農作物「イネ」(短日性農作物)を対象とした、開発内容をご案内致します。

その他の農作物への対象については、研究・開発中です。

光害阻止LED照明は、学外での実証試験も行っております(平成23年度・24年度)。

 

イネ光害の事例(2011年度版)~

事例1、事例2、事例3、事例4、事例5事例6事例7事例(新設バイパス・昼Ver.)事例(新設バイパス・夜Ver.)事例(新設バイパス・刈取Ver.)

 

イネ以外の農作物の光害事例(2011年度版)~

事例

 

 

 

【特徴】

「光害が起こらない」演色性の高いLED照明

 

最新情報は【コチラ】となります。

下記情報は、起業チームとしての情報となります(起業前:平成23年12月18日まで)。

 

≪防犯灯用途として・・・≫

照明器具製造メーカーさまとの連携で、当方の光害阻止技術を用いて、

現場要件に基づいた照明を設計・生産いたします。

当方の阻止技術を用いて、内部のLED配置(数・種類・角度)は、

・圃場の環境情報(設置位置~道路幅・水田までの距離情報、作付け種など)

・「光害阻止すべき照度範囲(水田側)」と「照明機能として必要な照度範囲(防犯基準も考慮)」)

をシミュレーションし設計する、 オリジナルユニット設計となります。

 

また、標準品(道路幅、防犯基準に則った設置間隔固定)のラインナップの準備も進めております。

N(YU)-LED

(一例:市販品ケースを利用した場合)

下記に、設計コンセプトをお示しいたします(こだわりの要件です)。

 

独自技術

  • ・独自の光害阻止技術での「照明光」にて、漏れ光(農作物への照射)による光害をなくします。

  • ・よって、均一的な圃場の生長を実現します(カメムシ被害の集中や未熟粒混入を排除)。

    照度-出穂遅延日数(山口大学)

    (イネの場合、光害阻止技術での照射で出穂遅延が起こりません)

    明るいクラスA

  • ・設置間隔30mにて、防犯基準「クラスA」を実現(最終目標です。現在は、設置間隔が短くなります)。 ※1 ※2

  • ・設置間隔50mでも、防犯基準「クラスB」を確保する明るさ(最終目標です。現在は、設置間隔が短くなります)。

  • ・LEDによる全光束向上・指向性設計により、均整度ある照明環境を実現

    (最暗部でも1ルクス程度の明るさがあります)。 ※3

  • ・平均演色評価数「60以上」を達成。

    簡単交換

  • ・供給電源はそのまま利用できます(電源・光源一体ユニット設計です)。

  • ・既設の20W蛍光灯防犯灯に内臓可能なタイプも設計可能です(ケースをそのまま利用できます。ケースの寿命に応じた判断が必要です)。

    エコロジー

  • ・設置台数削減へ~例えば水銀灯設置箇所にて、防犯基準「クラスA」確保で5台→3台に減らせます(設置間隔が広くとれます。100m長の道路を想定。最終目標です)。

  • ・維持管理費の削減を目指し・・・、夜間のみの点灯(自動点滅器:オプション)、LED採用での長寿命(交換作業費回数減)・低誘虫性。

  • ・オプションの人感センサー搭載にて、余計な電力消費もカット。

  • ・従来の水銀灯(100W)からの切り替えでは、契約ランク変更により、基本電気代の節約(約3分の1)にもなります(従来蛍光灯からでは、同じ契約ランクです。)。

     

    ※1    社団法人 日本防犯設備協会 技術標準SES E 1901にて、4m先の歩行者を見たときに、

    ・「クラスA」~顔の識別(目鼻口の位置)ができる明るさ。

    ・「クラスB」~挙動・姿勢などがわかる明るさ。

    (参考)社団法人 日本防犯設備協会のページ

    ※2    電柱の設置間隔平均30mであることから(多数出典)、既設電柱・NTT柱等を活用できます。

    ※3    5m幅道路に、電柱設置が30m間隔の場合。

     

    ≪道路照明用途として・・・≫

    より明るい光源を実現する、光害阻止技術研究を進めております。

    交差点や高速道路インターチェンジでの照明も、光害阻止技術にて農作物光害をなくします(研究中)。

     

    ≪看板用途として・・・≫ 

    電光看板等での農作物光害への対応も、光害阻止技術が活用できる可能性があります。

     

     

    【ご提案】

  • ・安全安心な通学路や生活道路へ向けた、照明設置要望がありながら実現しなかった農地隣接道路への「防犯灯設置」の提案に。

     

  • ・農地所有者のご意向での、夜間消灯や遮光板等の光害対策で、本来の照明機能を有していない箇所への「切り替え」提案に。

     

  • ・新設道路、建築物設計時の周辺農作物への「光害対策」に。

  • ・従来防犯灯(20W蛍光灯・設置間隔16mの設置頻度で照度基準クラスB相当)からの明るさアップ」への提案に。

     

     

     

  •  

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    【特徴】

    「農作物と光の関係を可視化します」

    これまで指標のなかった「照明の影響範囲「照明の影響程度」を、

    研究データの詰まった「光害データベース」から成立した「光害診断システム」を利用し、

    主観的だった従来の指標(観察)から、客観的な数値データにて示します。

     

     

     

     

    コンサルタント ~ 根拠数値情報の取得へ

    夜間照明の照射と農作物の生育影響について、その度合い(範囲・程度)をご提示します。

    (御相談・御要望をお聞きした上での、下記を組み合わせます)

     

    最新情報は【コチラ】となります。

    下記情報は、起業チームとしての情報となります(起業前:平成23年12月18日まで)。

     

    【予測】

    照明情報と農作物(品種)情報から、光害診断システムを活用し、

    影響範囲と程度を計算し、ご提示します。

    設置予定の照明についても、どのような影響が起こるかを予測することも可能です。

     

    【状況把握】

    生育期や収穫期に現地圃場を訪問し、

    照明と圃場の確認を行い、実際の夜間照明照射の影響程度と範囲をご提示します。

     

    【詳細分析】

    収穫した作物をお預かりし、解体分析調査を行ない、

    より詳細な影響程度をご提示致します。

     

    【計画案提示】

    光害阻止LED照明を含めた、照明設置計画や対応方法を提示いたします。

     

     

     

    分析受託 ~ 照明との関係性把握に

    御要望の作物種・生育条件(気象条件・管理方法など)と照明条件での、

    植物の生育状況を確認し、各種データを提供します。

     

    最新情報は【コチラ】となります。

    下記情報は、起業チームとしての情報となります(起業前:平成23年12月18日まで)。

     

    【測定項目】

    (植物の状態) : 葉面積・SPAD・成分分析・光合成速度・遺伝子発現

    (光環境) : 分光測定(300-1700nm)、光量子束密度、演色性、照度

     

    【栽培環境】

    人工気象器

    植物工場

    屋外圃場

     

     

     

    明るさマップ作成 ~ 地域の照明計画資料に

    御要望の地域の照度情報を提供します

    (用いる測定機器は、約2m間隔で1データ取得)。

    測定受託、機器貸出(現地指導付 or 送付のみ)

     

    最新情報は【コチラ】となります。

    下記情報は、起業チームとしての情報となります(起業前:平成23年12月18日まで)。

     

    【測定項目】

    場所、時間、照度情報をセット

     

     

     

    啓発活動 ~ 概論把握や配布資料に

    聞き手や地域にあわせ、光害について配布資料作成や講演を承ります

     

    最新情報は【コチラ】となります。

    ここでは、保有機器や根拠となる情報等をご案内致します。

    ♦保有機器 ~ 当プロジェクトの実験・測定に関わる「主な装置のみ」ご案内致します。

    対象植物の環境制御を行います(気温・日長)。

    image

    ≪人工気象器 19台≫

    多点式で複数箇所の照度を、同時に測定できます。

    照度計

    ≪デジタル照度計(各種)≫

    光の波長ごとの放射強度を測定します。(300nm~1700nm)

    housha

    ≪分光放射計≫

    密閉容器内にて物理的衝撃を与え、破砕します。

    hasai

    ≪自動破砕装置≫

    専用キットを使用し、高純度な核酸を抽出・精製します。

    Q-chushutu

    ≪自動核酸抽出精製装置≫

    自動分注(ピペット操作)により迅速・正確な調製を行います。

    Q-gi

    ≪自動PCRセットアップ装置≫


    PCRでの増幅過程を測定し、遺伝子発現量を定量します。

    Q-pcr

    ≪リアルタイムPCR検出装置≫

    希釈不要・短時間で核酸の濃度・純度を測定します。

    nano

    ≪超微量分光光度計≫

    コメの構成粒数・構成比・外観粒質等を算出します。

    kome

    ≪コメ判別機≫


    ♦特許・論文

    【学会発表(光害対策)】

    照明学会(平成23年9月15日~#13-9)

    ポスター発表

    http://www.ieij.or.jp/event/2011/11AC_pos.html

    【2011年10月8日追記】

    優秀ポスター発表者賞を受賞しました。

    農学部HPでも紹介されています。

    http://www.agr.yamaguchi-u.ac.jp/news.html#111007

     

     

    【特許(光害対策)】
    ・WIPO.
    ・IPDL.特許第4839447号 特開2008-226567
    よりお願いします。

     

     

    【記事(光害対策)】

    STAFF newslatter(2011 Vol.22 No.9)~

    (社)農林水産先端技術産業振興センター(平成23年9月15日発行分~6ページ)

    光害(ひかりがい)が発生しない照明で、イネが順調に生育する技術を開発

    http://web.staff.or.jp/publication.shtml

     

     

    【特許(光害対策)】

    METHOD FOR ASSESSING LIGHT DAMAGE TO PLANTS CAUSED BY NIGHT LIGHTING, METHOD OF ASSESSING PROPERTIES OF NIGHT LIGHTING, AND LIGHTING DEVICE FOR AVOIDING LIGHT DAMAGE

    夜間照明による植物への光害の評価方法、夜間照明の特性評価方法及び光害回避照明装置

    Pub. No.: WO/2011/052462

    International Application No.: PCT/JP2010/068556

     

     

     

     

     

    街路灯

    特願 2007-61225

    特開 2008-226567

     

    国立大学法人 山口大学

    岩谷 潔 山本 晴彦 兼石 篤志

    Applicants:

    Yamaguchi University

    1677-1, Yoshida, Yamaguchi-shi, Yamaguchi 7538511

    IWAYA Kiyoshi

    YAMAMOTO Haruhiko

    ここでは、提供できるデータをご案内致します。

    ♦アンケート結果(アグロイノベーション2010【幕張】)

    ≪アグロイノベーション2010≫ 出展ブースでのアンケート集計結果です。

    御協力ありがとうございました。下記は、有効回答数に占める割合を示しております。

    YU-hkrgai-aq1  YU-hkrgai-aq2

     

     

    YU-hkrgai-aq3   「光害」対応サービス


    植物工場

    ≪概要≫

     

    山本晴彦研究室では、

    吉田キャンパスに整備された「完全人工光型植物工場」を活用し、

    下記支援を頂戴しながら、人材育成プログラムや、研究活動を行なっております。

    その成果を取り入れて、オリジナルな生育と運営方法の構築を目指しております。

     

     

     

     

    下記プログラムの経験と改良、研究成果、計測技術などを取り入れ、

    「やまぐち」方式の植物工場確立を目指し、オリジナルな生育が可能な設備や運営方法を開発中です。

     

    ◆ 人材育成プログラム

    1.経済産業省 産業技術人材育成事業の支援

    植物工場管理技術者育成プロジェクト

    (平成21年度、22年度~計3期・41名受講頂きました)

    【御参考 ↓】

    http://www.pfactory.agr.yamaguchi-u.ac.jp/index.html

     

    2.全国中小企業団体中央会

    農商工連携等人材育成事業

    (平成23年7月~11月にかけて社会人向け講座を行います【平成23年6月末まで募集】

    「開講の記録」ブログ集へ

     

    http://www.chuokai.or.jp/Platz/Case/22.htm

     

    【御参考 ↓】

    http://www.yamaguchi-u.ac.jp/page.php/index/page/id/1210

     

     

    ◆ 研究支援

    1.公益財団法人ちゅうごく産業創造センター支援プログラム

    により、山口県内企業と「新産業創出研究会」を立ち上げております。

    【御参考 ↓】

    http://www.ciicz.jp/sinsangyo/kenkyukai/H23-1.pdf

     

    2.農林水産省

    農山漁村6次産業化対策に係る緑と水の環境技術革命プロジェクト事業

    【御参考 ↓】

    http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/kanbo/110413_1.html

    http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/kanbo/pdf/110607_c13n.pdf

     

     

    ◆ 研究テーマ

    「光害対策」では、農作物への夜間照明のマイナス影響を解消へ、

    この「植物工場」研究テーマでは、照明による種々プラス効果の探索など、

    植物工場総合的(運営・設計・生育・照明・・・)に様々な視点より研究しております。

    • 山口大学発ベンチャー「光害対策&植物工場プロジェクト」起業チーム
      (国立大学法人 山口大学 農学部 山本晴彦研究室)
    • 〒753-8515  山口県山口市吉田1677-1
    • TEL & FAX : 083-933-5832

    添付ファイル送付予定の方は、まずは本フォーマットで、連絡先を送信頂けますと幸いです。
    折り返し、添付ファイルメールでの送付先をご連絡させていただきます。